FC2ブログ

うひょひょ~んの村

ウヒョの書いた絵をのんびり晒すブログでふ。ガチ18禁です! 良い子や18歳以下は、見ない様に!!後、最近怪しいURLリンクのコメントが来ています。怪しいと思ったコメントは随時削除します。ご了承下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

とりあえずイメージはこんな感じでw

今回は、何となくSS風にしてみたいとおもいます。
誤字やお見苦しい点とかは見逃して下さいw
登場人物は、少○生で義妹の亜美(以降亜でw)と兄(名前なしでw)で行きたいと
思います。
とりあえずプロローグは、兄が義妹の体に我慢ができず体育館倉庫で
襲っちゃてます!!(ムリアリズギ


亜「ど、どうしたのお兄ちゃん・・・」
兄「・・・・・」
亜「どこか具合でも悪・・・・きゃッ!!」
兄「ごめんもう我慢できないんだ!!」
亜「えっ・・・え、えっ?」

兄は素早く義妹の服を捲り上げるとその大きな果実に喰らいついた・・・・・

兄「ちゅっ・・チュパッ!・・・ズズズズズズズッ」
亜「あんっ!!あ、え・・ちょ、ちょっと待っ・・・んっ!!」

いきなり兄の指が口内に入ってきて言葉が塞がれた。
その間にも兄の手がオマ○コを擦り胸を弄られて、
乳首を貪るように吸っていた・・・・

亜(どうしよう・・このままだと出・・・出ちゃう!!)

なんとか兄をどけようとしたが、所詮は女の子の力じゃどうする事も
出来なかった。
でも、このままだと皆に隠していた秘密がばれてしまう・・・
だが、無常にもだんだんと胸から何かがでる感覚がきてしまっていた・・・

兄「??」

その時、兄が何かを感じた様に首をかしげた。

兄「何か、甘くなってきた・・・・・お前もしかして・・・・」
亜「違うの!!これは、その・・・た・・アッ!!」

言い訳を言おうしたが、兄は更に強く吸い付いてきて
舌で乳首をいじりまわしはじめ何かに取り付かれたように私の胸を貪り続けた・・・

亜(も、もう駄目・・・我慢できない・・・)

限界まで腫れた乳首からアレがでるのは時間の問題だった・・・
そして、兄が乳首に犬歯を突きたてた瞬間
何かが勢いよく乳首から吹き出た・・・・

亜「ッ・・・・アッ・・・・ァ・・・アアッ・・・」
兄「んんッ!!ん・・・ゴクッ!!」

何かが胸から出てるのは分かっていた・・・兄は水を得た魚のように
それを喉に流し込んでいた。
私はただ、よだれを垂らしながらだんだんと快楽に堕ちていくのを
本能で感じていた・・・・

兄「やっぱり出るんだな。どおりで甘いわけだ」

兄は乳首から口を離し舌で乳首をペロペロしながら上目づかいで
私を見て言った。

兄「妊娠しているのか、お前・・・」

少し怖い口調で兄が言ってきた。

亜「ち、違うの!!こ・・・これは体質なの・・
最近急に胸が張ってきて、痛くて
そしたらなんか乳首のあたりが湿ってて・・・
それでよく見たら母乳がでてたの・・・・」

兄は表情を変えず私の目を見ていた。
まるで私の心を見透かしているかの様に・・・・

兄「本当かそれ・・・・」
亜「うん・・・」

本当は逃げ出したかったが、兄の事は好きだったし
何より心のどこかでこうなる事を望んでいたのかもしれない・・・

亜(まだ少○生なのに・・・・私こんなにHな娘だったなんて・・・)

そんなことを思っていると兄が私に微笑みかけてきて
私の耳元で小さく

兄「ごめんな、疑っちゃってそんな訳ないもんな」

そして私の顔を両手で覆い、そして・・・・
兄の顔がゆっくり近づいて来て私の唇にキスをした・・・

亜「あっ・・・・」

その瞬間子宮がキュン!と、なり愛液が一気に溢れてきた・・

亜(もう駄目、お兄ちゃんの欲しくなってきちゃったよ・・・)

どうやら軽くイってしまったようだ。
もう惚けた顔で兄を見ていると、突然兄が
泣き出してしまった!!

亜(えっ!)

訳も分からず混乱していると兄がしゃくりながら
しゃべり始めた。

兄「ごめん、本当はこんな事するはずじゃなかったんだ
本当はただ話をしたくて・・・でも倉庫にきたら急にムラムラ
してきて僕たちしかいないし・・・・
お、お前の体をみたら我慢ができなくな・・・んプッ!!」

私は兄を胸に抱きしめていた・・・

亜「いいの、もう何も言わないで・・・しょうがないよね
男の人だもん♪
女の子を見てムラムラしちゃうよね。
もう~~っ、しょうがないなぁ~っお兄ちゃんは~~
いいよ♪使って私の体を・・・・お兄ちゃんの性欲を
全部受け止めてあげる・・・・
ね♪だから・・・・きて♪」
兄「いいのか?始めたらたぶん止まらないし
理性がなくなるかも・・・・それでもいいのか?」
亜「いいよ♪だってお兄ちゃんの事好きだもん♪
今、無茶苦茶にして欲しいって思ってるしさっきから子宮が疼いちゃって
しょうがないもん。
ね、早くきて♪」

軽く腰を兄に振った瞬間・・・

兄「も・・・・もう駄目ッ!!」

どうやら最後の理性が飛んでしまった様だ・・・
まるで獣のように激しく胸を揉んできた。
軽く鈍痛が走るが兄はもうおかまいなしだった、
まるで口が吸盤になってるかのように私の乳首に吸い付き
さっきより激しく母乳を吸い始めた・・・
私はそんな兄の頭を抱き母乳を与えていた・・・・
だんだん母乳のでる量が増えてきてる気がした
苦しくないのかな?と思ったが、
私から出る体液を一生懸命吸うのに夢中で
しきりに喉をならしていた。
やがて、しばらく吸っていた兄がやっと私の乳首を口から
離した・・・

亜「美味しかった?」

と、私が聞くと

兄「うん、とっても甘くて美味しかったよ」

私の乳首を名残惜しそうに舐めながら言った

亜「あんっ♪もう、甘えん坊さんなんだから~」

もう兄が可愛くてしょうがなかった
胸に抱きながら兄の頭を撫でてると、そわそわした感じで兄が
急に足元に移動していった・・・

亜(どうしたのかな?)

と、不思議に思ってると兄が

兄「突然だけどもう我慢できなくて、そ、そのあ~・・・」

兄はしきりに私のアソコをちら見ながらしどろもどろになっていた
なんとなく、考えがわかり少し心の中で笑ってしまった。
もう入れたくてしょうがないみたいだ。
私も早く入れて欲しかったので素直に両足を開くと、
兄が分かったらしく急いでチャックを下ろしギンギンに起ったおち○ちんを
私のおま○こにあて、私の顔を見た

亜「いいよ・・・」

その言葉を聴いた兄は、一気に私の中に入ってきた。

亜(痛ッ!!)

股間に鋭い痛みが走った。
処女膜が破れ子宮に先端が当たりさらに子宮内に入ろうとするかの様に
私を貫いた・・・

亜(ううっ・・・痛いよ~~も、もっと・・ゆっくりして・・あぐッ!!)

兄ががむしゃらに腰を振り出した、痛みが更に増し呼吸も苦しくなってきた
涙が止まらない痛くて声も出ない・・・しかもまた私の乳首に吸い付いてきた・・

亜(ううっ・・乳首が取れちゃうよ~~もう唾液でべとべとだし
ふやけちゃう・・・・)

もう兄は獣だった、ただただ腰を振っていた・・・左の胸はもう空っぽだろう
それでも兄は母乳をもとめ今度は右に吸い付いてきた。
悲しいかな私の体はそんな乱暴にされながらもだんだんと
感じていくのがわかった・・・

亜(やだ・・・もう感じてきちゃった・・・ううっ、き、気持ちいいよ~)

と、快楽に飲まれた瞬間
兄が突然なにか力み出し熱い液体を私の子宮に放っていた・・・

亜(え?何?なにかでて・・・・)

顔を胸に埋めながら必死に腰を振って最後まで子宮口に出していた。
やがて勢いが弱まり兄が胸から顔を出した

兄「足りない・・・まだ足りない・・」
亜「えっ?」

なにかぶつぶつ言っていたが私はまだ熱い体で荒く息をしていた。

亜(中に出されちゃった・・・)

ようやく兄の精液が子宮に入ってるとわかり兄が私の体でイった
事を感じていた。
でも、その感傷は兄が急に腰を振り出したので
また、たちまち快楽に飲まれていった・・・・

兄「はぁっ!はぁっ!!・・・・ん、チュルッ!!」
亜「アンッ!ァ・・・アッ・・・」

本当におっぱいが好きなようだ・・・さっきから右に吸い付いて
はなれないどんどん乳首から母乳がでていくのがわかる・・・・
左の乳首ももうほとんど母乳が吸われ尽くされたのにまだ、吸って欲しいかの様に
ギンギンに起っていた・・・

兄「チュパッ・・・チュチュッ・・ジュルルルッ!!」
亜(アンッ♪激しいよ~~~どうしようなんかイきそう・・・)

そろそろ限界が近づいていた・・・子宮はさっきからひっきりなしに痙攣していた
膣も精液の味を覚えたか、さっきから蠢動しっぱなしだ。

兄「うくっ!!ま、また出そうだ・・」

次中に出されたら確実に絶頂を迎えるだろう・・・・
また、あの暖かいのを出されると考えたら急にお腹がキュン♪となってしまった。

兄「!!?」
亜(え?)

急に熱い棒が子宮内に入ってきて、精液を出し始めた
精液が子宮の壁にぶつかった瞬間私は頭が真っ白になった。

080126


まさか子宮に直接かけられるなんて・・・
予想だにしない事がおきて頭が混乱していたが、

兄「もっと、もっと出したい孕ませたい」

また兄が、吸い付きながら腰を振ってきた・・・
もう訳がわからずただただ兄に貪られつづけた・・・
どれくらい時間がたっただろう
兄が突然、

兄「もうおっぱいでないの?」
亜「えっ?」

私の両胸をよせ2つ同時に吸いながら言ってきた。
どうやらとうとう全部飲まれてしまったようだ・・・

亜「もう空っぽよ・・・お兄ちゃん吸いすぎ・・・・
乳首ふやけちゃたし・・・」
兄「ううっ~~ペロペロ」

兄がしきりに乳首を舐める

亜「あんっ♪もう出無いから・・・また今度ね♪」

そう言って兄の頭をなでた。

兄「ウッ!」

兄がびくびく震えてるまた熱いのがお腹全体に広がる・・・
もう何回出されたか覚えてない何回イったか分からない

亜「あッ!!ああああああッ!!」

私がイった瞬間胸から勢いよく何かが出た・・・・

兄「♪」

どこに入っているのかわからないけどまた母乳が溢れてきた

兄「チュパッ!!チュルッ!!」

本当におっぱいがすきでたまらないようだ・・・・また
赤ちゃんみたいにチュウチュウ吸ってるw
でも、こんな人を好きになっちゃったからしょうがないか・・・・

たぷたぷになったお腹を撫でながら
兄に身を任せる亜美でしたww

・・・・・って長すぎwwしかも本能のままに書いたからわけわからん
すいません反省します。













スポンサーサイト
[PR]

落書き | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<リンクを追加しました~w | HOME | 連続更新だ!!!>>

この記事のコメント

すさまじいえろしーーーーん!!(いきなり何

ふふふ、ついガトチュエロスタイム!!といいたくなったじゃないか

えろいえろいよ、しかも挿絵つきとは憎らしい演出を・・・

されこちらもがんばって触手かかないと
2008-01-26 Sat 22:08 | URL | maro #Ig1PlPKc[ 編集]
次はこの娘が妊娠しているとこがいいですなぁ

時間がかかってもいいのでできればカラーでお願いします…できればなので::
2008-01-27 Sun 01:58 | URL | フミン #-[ 編集]
maroさん>
ありがとう御座いますw
頑張ってください!!
楽しみに待ってますww
まだまだスランプから抜け出せないけど
何か見えたきがしましたw
SSは面白いけど大変なので、もう
やりたくないです・・・・(ぉ

フミンさん>
本当にごめんなさいです;;
あい、次はカラーで書くつもりなので
気長におまち頂けるとありがたいです・・・・
でも出来るだけ早くあげてみます。
栄養剤がたくさん親から送られたので
しばらくは、動けそうです!!
気合はいってきたぁぁぁぁぁぁ!!(ダマレ
2008-01-27 Sun 11:04 | URL | uhyohyo #-[ 編集]
どうもですゆ♪

うぐ缶でお世話になってマス☆
今日はHPにご挨拶しに来ましたww

正にココではウヒョさんはフリ~ダムですね!

ナイスエロチックアドベンチャー!!(謎


自分のトコのHP(ブログ)を載せておきますんで、
よかったらリンクお願いします~
2008-01-29 Tue 23:34 | URL | さよっさ(元ふゆう) #MAyMKToE[ 編集]
さよっささん>
あいwエロスは正義です!!(ぉ
リンクさせて頂きましたww
ども、これからもよろしくです!!
2008-01-30 Wed 10:19 | URL | uhyohyo #-[ 編集]
す…すげえ!!めちゃクオリティーの高いエロ
じゃないすかww

あ、どーもーwwうぐから釣られてきたダーシュ
です~~wなんかもう尊敬しちゃいますぜ☆
2008-06-20 Fri 06:00 | URL | 駄亜種 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。